燃瓦斯型鍋爐新開發機種『ECO BOY』
  • 省能源   省電力
  • 高乾度、高品質蒸氣供給
  • 環境的靜音設計
  • 多重的安全設計
  • 標準配備感震器


   
   EB-160N           EB-250PN             EB-500N

特長1 三位置制御で省エネ運転
 「エコボーイ」は、全機種に燃焼三位置制御を採用していますので、蒸気負荷が半分になるまではON/OFFすることなく効率の高いレベルを維持した状態で運転するため、従来機よりもON/OFF頻度が低下し、効率の低下も低く抑えられます。
 これらの結果、ボイラ運転効率は、従来機(エコなし ON-OFF機)と比較して、エコなし機で7~9%、エコ付き機で13~14%向上し(何れも負荷率50%の場合)、燃料ガス代のランニングコストが削減 でき、環境負荷も低減することができます。また、送風機モータのインバータ制御を標準装備(160~350型)し、消費電力の削減と低騒音化も図っていま す。

特長2 ボイラ効率が高いからとっても経済的
 従来機のスリムな缶体設計をそのままに、燃焼ガスフローの改良と伝熱フィンを採用した水管の高機能化により缶体で の熱吸収量をアップし、定格時のボイラ本体効率は90%まで向上(従来機は88%)しました。さらに、250~500型では、エコノマイザ搭載機をライン ナップし、ボイラ効率は96%でクラストップレベルの超高効率ボイラとなっています。
特長3 スッキリデザインで簡単操作
 操作パネルは運転ボタン1つのすっきりとしたデザインで、ボタンの発色により運転状態が容易に確認でき、ワンボタ ン操作で取り扱いも簡単。ボイラ設置寸法は従来機と同じで、既設からの入れ替えにも容易に対応ができ、今後の更なる省エネルギー化を推進できるボイラとな ります。
なお、160型は、東京ガス株式会社殿、大阪ガス株式会社殿、東邦ガス株式会社殿との共同開発品です。